時巡るブログ

リハビリとダイエットと哲学学習etcについての日記ブログです。

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の感想

スポンサーリンク

こんばんは!
珊瑚です。
この週末はあっというまに終わってしまった感じです。

土、日の日記です。

土曜日の午前中はデイケアに行き、午後は競馬を少し。17時頃から”国民祭典”をニコニコ生放送でみました。
デイケアでのリハビリは立ち上がりの調子もよく、ニューステップというマシーンを10分ほどこいできました。
日曜日は午前中、ブログの記事を3記事くらい書き、エリザベス女王杯の予想をして、15時ごろからパレードをみて、15時40分からエリザベス女王杯をみて、そのあと娘と椎茸狩りをして、ボーっとしてたら、今は19時。ほぼ終わっちゃいましたね。

 

f:id:Sunflower_p:20191108171440j:plain

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」

16時頃からニコ生で国民祭典をみたのですが、国民の祭典なのに、なぜNHKで放送しないのか疑問でした。
13時過ぎ頃から、各地からの催しなどの列ができてて、ニコ生やアベマでは放送してるのに、どうしてなのかしら?と疑問でした。18時頃から40分くらいは放送されてましたけど、短いですよね~。
テレビだと少し遠くでつけっぱなしにして流しておく事できましたけど、アベマやニコ生だとパソコン上でみるので、私には作業上の支障がありました。笑。ついつい動画のほうをみちゃいましたね。

 

芦田愛菜ちゃん

芦田愛菜ちゃんの祝辞がよかったですね。
振袖姿もきれいでお上品でとてもよかったです。皇室側のお姫様といってもいいくらいでしたね。

 

 

天皇陛下のおことば

18時頃から天皇皇后両陛下がお出ましになられましたね。
一般庶民の観てる側として疑問がありました。
なぜ二重橋までなのでしょうか?しかも楽曲をお聴きになられる間、ずっとお立ちになられてます。
なぜお席などをご用意しないのでしょうか?
昔からの風習なのでしょうか?
天皇皇后両陛下は下界まで降りてこられずに二重橋までという設定?とかいろいろ考えちゃいました。
皇后陛下、おきれいでしたね。
天皇陛下も笑顔でよかったです。
”天皇陛下のおことば”が国民に語りかけるようで親しみがわきよかったです。
普通なら”ほんじつは”と言いそうなところを”きょうは”となってたりして、堅苦しくないような言い廻しをされてると思いました。
”きょうは、寒い中にもかかわらずこのように大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただくことに深く感謝いたします。”は心からの優しいお気遣いと感じられます。

 

 

奉祝曲「Ray of Water」

”Ray of Water”は「水に差し込むまばゆい光」をイメージした曲だそうです。

第一楽章「海神」はオーケストラによる演奏でした。
第二楽章「虹の子ども」は全盲のピアニスト・辻󠄀井伸行さんが演奏しました。
やさしい音ですばらしかったです。もっと長い時間聴いていたかったです。

第三楽章「Journey to Harmony」は嵐が歌いました。
口パクでもなくミスなく歌い終えてくれたので安心しました。笑
いい曲でしたね。
”大丈夫”という歌詞がやさしいですね。
この歌詞も受け取り方と思いますが、深く考えるといけないかもって思っちゃいます。

普通に聴けば、嵐からファンへのメッセージソング?
僕ら=嵐  君=ファン

でも奉祝曲だから、君=天皇陛下、僕ら=国民であるべきかなぁ?

君が笑えば世界は輝く=天皇陛下がお笑いになると世界は輝く

僕らのよろこびよ君に届け= 国民の喜び 天皇陛下に届きますように。

との解釈でしょうか。

ま、フラクタルのような歌詞でしょうかね。
大きな捉え方、小さな捉え方ができる歌詞のような気がします。


あんまり深く考えるといけなくって、漠然と”いい曲ね”と思ってたほうがいいかも。
深く考えると、「Journey to Harmony」なんて、ジャニーさんの名前をあえて入れてるし、とか思っちゃいますもんね。

 

万歳三唱も画面の前で軽くやっちゃいましたが、戦争のことなど深く考えるといけないと思っちゃいますね~。

 

いろいろ考えつつ、前向きな未来へと思うのでした。