時巡るブログ

リハビリとダイエットと哲学学習etcについての日記ブログです。

嵐 二宮和也 ご結婚おめでとう!&嵐について思うこと。

スポンサーリンク

 嵐 二宮和也 結婚おめでとう!

ニノ(嵐 二宮和也さん)がご結婚されたそうです。
おめでとうございます!
娘がニノファンなので、20時頃からそわそわしてました。
トレンドで結婚発表があるらしいことは噂されてたみたいです。


「この忙しい時期に結婚なんてガセじゃないの?
 あと1年待って結婚するならわかるけど。」
「あえて今、結婚するなら、赤ちゃんができたってことかな?」
「結婚してもジャニーズの場合、奥さんが表に出ることないから何も変わらないでしょう?」
と、落ち込まないように、なぐさめにもならない会話をする。笑

 

22時頃、ファンクラブのサイトでニノからの”結婚しました”直筆メッセージがあったそうです。
お相手のお名前は書いてなかったようですけど、かねてからお噂の伊藤綾子さんですね。きっと。おめでとうございます!

 

 

身近になった嵐

それにしても、嵐の活躍はすごいですね。
常に目を引くことばかりをしてます。
20周年を迎えて21年目にはいってから、凄まじいスケジュールですね。
「21年目は皆さんをもっと身近に」って先日の会見でもおっしゃってましたが、距離が確かに近くなってます。
ツイッターやインスタグラムなどを使ってて、時折、入ってくる動画や写真、つぶやきがほぼリアルタイムなので、今はどこで何をしてるらしいということがわかりやすくなってるようです。

先日の”国民祭典”で奉祝曲を歌った後、その日に「JET STORM」というアジア4都市のファンへのイベントツアーに旅立ちジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北を1泊3日で周ってます。
土曜日に旅立ち、4都市でイベントして月曜日には東京にお戻りになられてました。笑
月曜日の夜には櫻井くんがZEROに涼しい顔で出てましたね。
すごいスケジュールですね。
ときおり、空港などから搭乗するときの動画などが嵐のインスタグラムなどに投稿されたようです。
娘がファンなので、それをみて逐一、報告してくるので、私はけっこう嵐について詳しいです。笑。

 

 

”もっとそばに””もっと近くに”


今までだと所在などわからないヴェールの向こうの芸能人が、だいたいの居場所がわかるようになって、スケジュールなども推測できるような感じかなと思います。
”もっとそばに””もっと近くに”という嵐の意向みたいですね。
しかし、ジャニーズファンを娘に持つ母としては、ちょっと情報が多すぎるんじゃない?と思っちゃいます。
テレビに出る時間も多いし、そのうえSNSとか、身の回りに嵐情報が多すぎて、ファンはチェックがたいへんでは?
ファンにとって嬉しいことなんでしょうけど、うちの娘なんか、以前よりもさらに頭の中は”嵐”ばかりになってます。
朝っぱらから、嵐のインスタのチェックしてます。
お勉強は大丈夫かしら?と思っちゃいますね。

 

 

嵐ロスが心配

嵐は、あと1年ちょっとで活動休止なんですよね。
そのあとの嵐ロスが心配な母です。

SNSを武器に、さらにファンの生活へ入り込んできた嵐。
噂によると、活動休止中でもSNSで情報がみれたらファンは寂しくならないだろうという配慮だという説もありますけど、活動休止とともに嵐アカウントが休止になったら、ファンはかなりの重い嵐ロスになるのではないかと心配です。
うちの娘は嵐ファンなので、嵐ロスが心配です。
活動休止が発表されたときも、親としては、やはり嵐ロスが心配になりました。
そのときは、嵐が活動休止する2年後までには、ほかに楽しいことみつけてね!とか思ってました。
しかし、娘の嵐活動比率は高くなるばかり。ほかの楽しい事はまだない様子。
ほんと、嵐ロスが心配になっちゃいます。

 

嵐の”オレ様くん”度がすごいなー

先日の20周年の会見をみて思ったのですけど、”離れていったファンも、これを機会にまた戻ってきてくれれば”と櫻井くんが言ってました。
残り1年ちょっとの活動期間なのに、”戻ってきてくれれば”って思うなんて、すごい自分本位だと思いましたねー。身勝手な男のイメージです。笑
戻ってきても、1年ちょっとの後、嵐ロスに突き落とされるかもしれないのに。

ごめんなさいねーネガティブ目線で。嵐ファンの保護者的な目線でみてます。

あと、突然のライヴビューイング発表。
12月25日なんですね。聖夜。恋人達にとっては特別なラブラブな日です。
そんな日にライヴビューイングを突然、予定に入れてきたんです。
嵐ファンの彼女を持つ男性に悲報だったのでは?と思いました。笑

嵐の快進撃は国立競技場のこけら落としとか、まだまだ続きますね。

願うは、嵐ファンの嵐ロスがないようにお願いします。(嵐ファンの保護者目線です。)